ボランティア活動へのお誘い




 

遠藤ボランティアグループ

    グループについて    

桜の満開と4月の始まりが見事に重なりましたね。

原宿だよりが更新されましたのでぜひお読みください。

遠藤周作先生の人生になくてはならない伴侶であった妻の遠藤順子さんが1月16日早朝に逝去されました。93歳でした。
私は順子さんが先生を見送られてのち出版されたご著書を愛読しておりました。

先生のエッセイでは亭主関白なイメージを作っていらしっしゃいましたが、本当は少し違ったのかもしれません。
奥様は先生の外に見せない弱さをしっかりと支える強さと優しさを持った真に自立した方であったという印象があります。
赤ちゃんポストに関するご自身の考えなど述べておられるのを拝読し、目から鱗を落としたものです。

自立というと=経済的なことと思われがちですが、真の自立はその都度自分の立場で考えて判断し行動することなのだと学びました。

  心よりご冥福をお祈りいたします。


《会報》 原宿だより154号 (4月1日掲載)
こちらからお読みいただけます

クリックすると大きく表示されます

お知らせ   語り部通信 参加希望の方
活 動 状 況     活動レポート   これまでの講座