ボランティア活動へのお誘い




 

遠藤ボランティアグループ

    グループについて    

6月に入り紫陽花の花が見事に咲き始めています。
梅雨も近いですね。

5月には五月病と呼ばれるものがありますが、
これからまた曇り空の毎日となると憂鬱な日は続くでしょう。

世に言う鬱病の中には
投薬治療が必要な域まで進んだものと、
そうでなく軽度の、ごく普通の不安や心配、
気圧や天気からくる憂鬱があるそうです。

側から見ても、具合の悪さが人それぞれでわからず、
つい気合いとか根性で
乗り越えようとしてしまうのではないでしょうか。
今は職場にも心療内科などがあり、
気軽に相談できるようですし、
街の心療内科も敷居が低くなり、カウンセリングとして
気軽に受けることができるようです。
とくに鬱病は心の風邪。れっきとした病気なんだそうです。

作家の五木寛之も自らの鬱病を著作に残し
「鬱にならない方がおかしい社会だ」と書いています。
ニュースなどを見ていると、私もそう感じます。

日頃から自分を観察し、
休みを取って労わることが大切ですね。
「そうは言っても休めない」のでしょうが...。

 

お知らせ   語り部通信 参加希望の方
活 動 状 況     活動レポート   これまでの講座